クランプ(KRUMP Dance)とは?

KRUMP DANCE

クランプ(KRUMP)とは?

クランピング。

クランピング(Krumping’)はアメリカ合衆国のストリートダンスの一つである。別名、クラウニング、クラウン・ダンシングとも呼ばれている。

概要
正式名称は「Kingdom Radically Uplifted Mighty Praise」で、その頭文字を取って「KRUMP」となる。発祥はロサンゼルス南部とされており、ストリートで頻繁に発生する抗争や暴力を、ダンスに取って代えることで解消しようという運動から発生したダンスである。

そのため、背景にはクリスチャン的な要素もいくつか絡んでいる。ダンサーは奇抜なフェイスペインティング(多くの場合は、道化師をモチーフとしている)を施す場合が多い。道化師のフェイスペイントを最初に行ったダンサーは、1992年に活動を始めたトーマス・ジョンソンとされており、「トミー・ザ・クラウン (Tommy the Clown)」のステージネームで活躍していた。クランピングが生まれた当時は、ロス界隈の非常に小規模なムーヴメントだったが、徐々に全米、そして世界へと浸透していき、ケミカル・ブラザーズを初めとする、多くの有名アーティストのミュージック・ビデオに登場するまでに広がりを見せている。

引用元:Wikipedia

ロサンゼルスの南部が発祥とされるダンスのジャンルのひとつです。力強いイメージ通りのダンスと言えます。

アメリカ合衆国には、数多くのストリートダンスがあります。ここでは、代表的なストリートダンスをいくつかご紹介します。

・ブレイキン(Breakin’):1970年代にニューヨークで生まれた、地面に対して行うアクロバット的なダンスです。ヒップホップカルチャーの一部として発展し、今でも多くのダンサーに愛されています。

・ハウスダンス(House dance):1980年代にニューヨークのクラブシーンで生まれた、テンポの速いハウスミュージックに合わせて踊るダンスです。足踏みの要素を取り入れたリズミカルな動きが特徴です。

・ロックダンス(Locking):1970年代にロサンゼルスで生まれた、滑らかな動きとリズミカルな手の動きが特徴的なダンスです。楽曲のリズムに合わせて体を動かすことで、曲のリズムを表現します。

・ポッピン(Popping):1970年代にカリフォルニアで生まれた、筋肉の収縮と緩和を使って体を動かすダンスです。リズムに合わせて体を瞬間的に硬直させる「ポップ」の動きが特徴です。

・クランプダンス(Clamp dance):日本発祥のダンスジャンルで、身体をリズミカルに動かすことによって音楽に合わせてリズムを刻む、ヒップホップダンスの一種です。アメリカでも愛好者が多く、競技会やイベントも開催されています。

これら以外にも、ストリートダンスのジャンルは多岐にわたります。また、ストリートダンスの発展には、ヒップホップカルチャーやフリースタイルダンスの影響が大きいとされています。